トレチノイン
未分類 » 復元ポイントを手動で作成しよう
スポンサードリンク

復元ポイントを手動で作成しよう

解説してきました「WIN高速化」ですが、復元までは非常に便利なツールなのですが、唯一惜しいのが手動で復元ポイント作れないことです(その他は完璧)。

そこで今回は手動で復元ポイントを作る方法です。インストールやアップデートをする前に復元ポイントを作っておけば、それがもとで調子が悪くなっても作業前の状態に戻せます。

まずは「システムの復元」のショートカット・アイコンをデスクトップに作ります。VISTAの場合は下図のようにスタート→アクセサリー→システムツールと階層を辿るとあります。

そのシステムの復元をマウスの右ボタンを押したまま、ズリズリと引っ張ってデスクトップの何もない所で離します。メニューが出るので「コピー」を左クリックします。

すると下図のようなショートカット・アイコンが出来たと思います。

これで準備は完了です。では実際手動で復元ポイントを作ってみましょう。

まずはコントロールパネルを開き、「システムとメンテナンス」をクリックします。

次にシステムをクリックします。

左側のシステムの保護をクリックします。

出てきたシステムのプロパティから、システムの保護のタブをクリックし、次に作成ボタンをクリックします。

復元ポイントの作成画面が出るので、後で分かる名前を付けて作成ボタンをクリックします(例では○○インストール前)。

これで今現在の復元ポイントが作成されましたので、確かめてみましょう。

一番最初に作成したシステムの復元のショートカット・アイコンをWクリックすると今作った復元ポイントが出来ているはずです。最初は推奨される復元ポイントがでますが、「別の復元ポイントを選択する」にチェックを入れ、次へをクリックします。

そうすると確かに復元ポイントが出来ていました。

このようにハードやソフトをインストールする前は復元ポイントを作成してから作業しましょう。尚今回はVISTAで解説しましたが、XPでは下図のようにショートカット・アイコンを起動すると復元ポイントの作成という項目があります。

それではお疲れ様でしたm(_ _)m

スポンサードリンク