トレチノイン
未分類 » WIN高速化計画システム編
スポンサードリンク

WIN高速化計画システム編

前回「WIN高速化」をインストールしますと、デスクトップ上に下図のようなショートカットアイコンが出来ていると思いますので、Wクリックして起動します。

1は設定項目のメニュー、2は設定変更する項目が表示されます。3は2でチェックした項目の詳細が表示されます。

今回はシステムを見ていきます。まずはカーネルを低速なハードディスク上の仮想メモリに展開しないにチェックを入れます。これは物理メモリが足りなくなると低速なハードディスクを肩代わりしようとするものです。

ユーザーアカウント制御(UAC)を無効にするにチェックを入れます。これはインストールとかする度に毎回許可を求められるお節介機能です(WIN高速化を起動したときも出たと思います)。

windows updateや自動更新によるサービスパックの配布をブロックするはセキュリティ上無効にすると問題があるので、今回はチェックを入れません。高速化を重視する方は入れてください。

「デスクトップテーマを無効にして視覚スタイルを解除する」と「クラシック表示のwindowsエクスプローラを使用する」はチェックを入れて有効にするとかなり高速化できます。ただしかなり地味になるのとタブ(複数の画面を1つのウィンドウ内で切り替えて使用する)が使えなくなります。派手好きの方やタブブラウザが良いという方は、1回試してみてまた元に戻しても良いです。

最後に高速化ボタンをクリックします。

windowsの設定を変更しますか?と聞いてくるので「はい」をクリックします。

windowsの設定を変更しました。と出るのでOKをクリックします。

終了ボタンをクリックして終了です。パソコンを再起動すると有効になりますので、再起動して確かめましょう。

如何でしたか?高速化されましたでしょうか?それではお疲れ様でしたm(_ _)m

スポンサードリンク