トレチノイン
未分類 » Gメールは究極のクラウド
スポンサードリンク

Gメールは究極のクラウド

最近私は業界最安値というのに釣られて、DTIハイブリッドモバイルプランを契約しまして外出先でもメールチェックする機会が多くなりました。

そんな時便利なのがGメールです。実はGメールってxx@gmail.comのフリーメールだけでなくプロバイダーのPOPメールも送受信できるのです。ご存知でしたか?

しかもプロバイダーのメール(POPメール)はパソコンでしか見れませんが、Gメールはスマートフォンでも携帯でも見れます。

さらにパソコンの場合トラブったときにバックアップ取ってないとすべてパーになりますが、Gメールはパソコン壊れようが、新しく買い換えようがいつでもどこでも見れます。それも設定いらずで(最初の設定だけは必要ですが)。

そんな便利なGメールをプロバイダーのアドレスで送受信する方法を今回は解説してみたいと思います。

Gメールを立ち上げたら下図のようにオプションマークをクリックします。

出てきたメニューから「メール設定」をクリックします。

設定画面が開きますので、下図のようにアカウントとインポートをクリックします。

「POP3を使用したメッセージの確認」でPOP3のメールアカウントを追加ボタンをクリックします。

メールアドレスの欄にプロバイダーのメールアドレスを入れ、「次のステップ」ボタンをクリックします。

プロバイダーのメール情報を見ながら、ユーザー名(メールアドレスまたは@の前の部分)とパスワード、POPサーバーを入力した後、パソコンのメールソフトでも受信したい場合は「受信したメッセージのコピーをサーバーに残す」にチェックを入れます。

送信もプロバイダーのメールアドレスで送信する場合は、「はいプロバイダーのメールアドレスで送信します」にチェックを入れて、「次のステップ」ボタンをクリックします。

名前を入力し、「次のステップボタン」をクリックします。

SMTP経由で送信するにチェックを入れて、「SMTPサーバー」「ユーザー名」「パスワード」をプロバイダー情報を見て入力して(違うプロバイダーもありますが、だいたいPOP3と同じです)、「アカウントを追加」ボタンをクリックします。

この時点でパソコンのメールソフトに認証コードが送られるはずなので、メールソフトを立ち上げ確認して下図のように認証コードを入力し、「確認」ボタンをクリックします。

これで完了ですが、通常プロバイダーのアドレスから送りたい場合は、下図のようにデフォルトに設定をクリックすると、次回からGメールで送ってもxx@gmail.comというアドレスではなくてプロバイダーのアドレスで相手に送信されます。もちろん受信もできます。

  

スポンサードリンク